リフォームにかかる予算の立て方

リフォームを行う場合には、予算を立てておく必要があります。予算を立てるためには、目的と場所を明確にすることから始まります。一部分だけを残すようなリフォームを行う場合には、やらなかった部分がより汚く見えてしまい、追加したくなり、結果として最初の予算よりも大幅に膨らんでしまうことがあります。予算が限られている場合には、優先順位を立てたうえで明確な金額を出していくことが大切です。また、業者によって得意な分野が異なります。形態はさまざまであるため、その店の得意分野であればアドバイスも的確であり、価格も割安になりやすいです。しかし、外観や広告などだけではその店の得意分野が分からないため、数社に見積もりを依頼し、提案プランなどを比較することが大切です。

業者を選ぶ際の選択基準について

予算を安くしたいからという理由だけで見積もり総額が安い業者を選ぶと失敗することがあります。なぜ他社に比べると安いのかを精査する必要があります。見積もり落ちなどがある場合には、工事が始まってから追加料金を請求されることもあります。特に、リフォームの場合には、既存の見えない部分まで想定して見積もりを行うことになるため、相応の知識と経験が必要です。そのため、価格だけで判断せずに提案プランと見積書をしっかりと照らし合わせ、追加料金が発生する可能性や工事範囲の確認など行う必要があります。現行の制度では、500万円以下であれば、建築の知識や経験がないものでも看板を上げることができます。安さだけで選ぶと単に手抜きされるだけでなく、構造的に弱い建物になってしまうこともあります。

予算をオーバーしてしまった時の対処法

すべての要望が予算内に収まれば問題はありませんが、見積もりの段階で予算を超えてしまうことがあります。その場合の対処法としては、ローンを組む方法、工事項目を省く方法、全体的にグレードを落とす方法があります。ローンを組むことで妥協せずに工事を行うことができますが、返済のことなども考える必要があります。妥協したくない場合には、ローンのタイプや返済方法などもしっかりと検討します。また、工事項目を省く方法は、優先順位の下位から削除していくことであり、希望した項目をすべて行いたい場合には、材質などのグレードを落として予算内に収めるようにすることになります。予算がオーバーしてしまった場合には、家族で相談する必要があります。意見が決まれば、業者へ意向を示し、調整してもらうことになります。